ごあいさつ

【奈良のレディースクリニック】婦人科が怖い方へ!女医が診察を担当します

 

奈良でレディースクリニックをお探しなら、ドクターはすべて女性の洋子レディースクリニックへお越しください。医師だけでなく、スタッフもすべて女性であり、明るい院内はまるで家庭のリビングのようだと定評があります。一人ひとりに寄り添ったきめ細やかな対応でお迎えしますので安心です。

婦人科が怖い方へ!内診が必要なときとは

婦人科の受診

婦人科の受診について、「慣れていないから恥ずかしい」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に内診は、年齢が若かったり、初めて内診を受けたときのショックが残っていたりすると、抵抗感を抱く方は多いです。最初に受けた内診のイメージが悪いと、婦人科そのものから足が遠のきかねません。

しかし、内診は女性特有の疾患を診療する上では非常に重要なものです。内診は婦人科の診療の中でも大きな割合を占めます。内診は医師の目で膣内部に専用器具を入れて確認する「視診」と、膣内部に指を入れて確認する「触診」に分かれます。

事前にどういったことをするのか知らされていないと、びっくりしてしまうのも当然です。慣れない内診で痛みを感じる方もいらっしゃいます。しかし、歯を見ないで治療する歯科医師はいないように、婦人科では内診は必須です。膣内部の粘膜を直接診ることで、おりものの状態や腟内部に炎症があるかどうかがわかりますし、子宮や卵巣の腫れなどはおなかに触ることでわかるのです。

もっとも、若い方で性交渉の経験がない方には一般的には内診は行いません。診察の前に問診票を記入する際、妊娠や性交渉の有無を聞かれる欄があります。この問診票は恥ずかしくても正直に書きましょう。性交渉の有無について聞かれる理由は、医師が妊娠や性感染症の可能性を知る必要があるからです。

どうしても膣内部の内診に抵抗がある場合は、子宮や卵巣の状態を診るためであれば超音波検査を代わりに行います。

内診で医師が確認するポイントはいくつかあります。まずは、子宮や卵巣の大きさや形が正常かどうかを診ます。子宮がんや子宮筋腫の発見につながることもあるからです。

また膣内部の粘膜やおりものの炎症の有無、出血の有無などを診ます。診察前に必要以上にビデなどで膣内部を洗浄してきてしまうと、膣内の分泌物やおりものが流れて正確に診察ができなくなることがありますので、洗いすぎないことも大切です。

その他には、妊婦検診で子宮頸管の長さや硬さを調べることで早産や流産のリスクをいちはやくキャッチできます。

【知って安心】婦人科の内診って何するの?

ハートを持つ手

もう少し詳しく内診について説明します。

婦人科には専用の内診台という椅子があり、それに座った状態で診察を受けます。この台はリクライニングチェア状の台座と脚を載せるための脚台がついており、患者さんはそこへ脚を開いて乗せて座るのです。最新の内診台は台座が電動で昇降・回転し、脚台が自動で動いて開脚姿勢になるものもあります。

内診台は下半身から向こうはカーテンによって仕切られていますから、医師・スタッフと内診中は顔を合わせることはありません。しかし、人によっては仕切りの向こう側が見えないことが逆に怖いという方もいらっしゃいます。そういう場合は、カーテンを開けての内診も可能です。

内診台には深く座らず、手前のほうにリラックスして腰かけてください。医師・スタッフから適切なお声がけをしますから、その都度深呼吸をしたり、力を抜いたりしてください。内診に慣れていないと、身体に力が入ってしまって緊張状態になりがちです。しかし、身体の力が十分に抜けていないと、内診器具を挿入したときに器具を締めつけることになり、余計に痛みを感じてしまいます。

緊張している方は、下半身に力が入ってお尻が浮き上がっている状態になっているかもしれません。そんなときはわざとらしいくらいのため息をついて深呼吸し、意識的に力を抜くようにしてみましょう。

内診時の痛みや不快感はちょっとした工夫で減らすことができます。まず服装ですが、パンツスタイルではなくゆったりしたスカートなど脱ぎやすい服装で行くのがおすすめです。スカートであればすべて脱がずに内診が受けられるので恥ずかしさも半減します。また、長めの靴下をはくと安心感が増しますので、恐怖心を減らしたい方は下半身の露出を少なくしてみるといいでしょう。

洋子レディースクリニックは医師・スタッフ共に全員女性のクリニックです。内診の際の違和感についても、まずはご相談ください。

女医・女性スタッフによる診療なら洋子レディースクリニックへ

「できれば婦人科は受診したくない」と診療を避けて、大きな病気を見落とすことにつながっては大変です。健康時から信頼できるクリニックを持っていれば、いざというときにも心配いりません。

奈良の洋子レディースクリニックは、医師もスタッフも全員女性です。きれいでアットホームなインテリアの診察室のため、リラックスしながら検査が受けられます。どんな些細な心配も、お気軽にご相談ください。

奈良のレディースクリニックで女医のいる婦人科をお探しなら洋子レディースクリニックへ

クリニック名 洋子レディースクリニック
住所 〒631-0041 奈良県奈良市学園大和町3丁目40−2
電話番号 0742-51-1200
代表者 中川洋子
診療内容 婦人科・産科、内科(女性)
診療時間
8:30~14:00
診療受付(8:30~14:00)
定休日 日曜日
ホームページURL https://clinicadonna.com/
駐車場 当院と道を隔てた西側にございます。

【洋子レディースクリニック】の院長プロフィール

名前 中川洋子
出身地 滋賀県大津市生まれ
学歴

滋賀県立膳所高等学校卒業

近畿大学建築科卒業

(2級建築士の免許を修得)

奈良県立医科大学卒業

職歴

奈良県立医科大学附属病院

星ケ丘厚生年金病院

大阪府立羽曳野病院

奈良社会保険病院

高の原中央病院

洋子レディースクリニック